冷凍パスタ&簡単レシピdeおうちパスタ

パスタの種類

パスタの種類は、以下の通り、多種多様です。(出典:ウィキペディア

ロングパスタ
  • スパゲッティ Spaghetti - 断面は円。太さは様々だが、2.0mm弱。
  • スパゲッティーニ Spaghettini - 日本では一般的なパスタ。断面
      は円。太さの種類がある。1.6mm〜1.7mm。名称はスパゲッティの指
      小形で、「より細いスパゲッティ」という意味。
  • フェデリーニ fedelini - 細めのスパゲッティ。1.4mm〜1.5mm。
  • ヴェルミチェッリ Vermicelli - 名称はミミズやヒルのような長い虫
      という意味の「ヴェルメ」(verme) の指小形で「小さいヴェルメ」の意。
      極細のスパゲッティ。ナポリでは、スパゲッティやスパゲッティーニは
  • パスタの種類
      ヴェルミチェッリと呼ばれることの方が多い。1.2mm未満。英語読みの「ヴァーミセリ」としても知られている。
      主にスープに使われる。
  • カペッリーニ Capellini - 最も細いスパゲッティでカペッリーニ・ダンジェロ(Capellini d'Angelo「天使の髪の毛」)
      の別名がある。スープや冷製に用いる。 素麺やひやむぎの如く細い為に非常に火が通りやすく、オイルパスタの要
      領で炒めると千切れベトベトになり著しく食感・風味を損ねる場合があるので注意が必要である。
  • タリアテッレ Tagliatelle - 卵を入れた練り粉をのばして、幅7〜8mmに細長く切り分けたパスタ。地域により
      フェットチーネ(Fettuccine)とも。乾燥パスタもある。
  • リングイネ Linguine - スパゲッティよりやや太く、断面は楕円形。
  • ブカティーニ Bucatini - スパゲッティとマカロニの中間の太さの孔の開いているパスタ。
  • キタッラ - アブルッツォ州の郷土料理。琴のような道具キタッラで作る。断面は四角い。
  • ビーゴリ Bigoli - 形、色ともに日本の蕎麦に似たヴェネト地方のパスタ。独特の歯ごたえがある。
  • ピッツォッケリ Pizzoccheri - 蕎麦を主体とした練り粉を薄く伸ばし、きしめん状に切り分けた手打ちパスタ。
  • パッサテッリ Passatelli - パン粉とチーズ、ナツメグを混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短め
      のスパゲッティ状に成形したもの。
  • ストロンカテッリ Stroncatelli - スパゲッティ状のマルケ州アンコーナ地方の手打ち生パスタ。
  • タリオリーニ Tagliolini - 卵入りの練り粉をのばして、幅1〜2mmに細長く切り分けた蕎麦状のパスタ。ピエモン
      テ州で人気のパスタで、同州ではピエモンテ語のタヤリン(Tajarin)として知られる。タヤリンは一般的なタリオリー
      ニよりほんの少し細めの場合が多い。
  • トレネッテ Trenette - 幅3〜4mm、厚さ1〜2mmの断面が長方形のリグーリア州のパスタ。
  • パッパルデッレ Pappardelle - 薄い板状にのばしたパスタを20〜30mmの幅に切り分けたリボン状のパスタ。


  • ショートパスタ
  • マッケローネ Maccherone - マカロニ。
  • ペンネ Penne - ペン先のように斜めに切られた筒状のパスタ。表面に波状の筋が入ったものはペンネ・リガーテ
      Penne rigate
    となる。
  • ペンネッテ Pennette - 小型のペンネ。
  • リガトーニ Rigatoni - 外側に波状の筋が入った、太めのショートパスタ。
  • ファルファッレ Farfalle - イタリア語で「蝶」の意味。蝶の形をしたパスタ。
  • コンキリエ Conchiglie - イタリア語で「貝」の意味。貝殻のように小さく巻いたパスタ。
  • コンキリエッテ Conchigliette - 小型のコンキリエ。
  • エリーケ(フジッリ)Fusilli -螺旋(らせん)状のショートパスタ。
  • ルオーテ Ruote -車輪のような形をしたパスタ。中国では、この変型として、内側を「福」や「壽」などの漢字に変え
      た物が作られている。日本では、ハローキティなどのキャラクターマカロニとして市販されている。
  • オレッキエッテ Orecchiette - 「小さな耳」を意味する。プッリャ州で作られる。
  • ガルガネッリ Garganelli - ロマーニャ地方産の手打ちマカロニ
  • ガッセ Gasse - 十文字に結んで結び目を作り、両端を密着させたリグーリア地方のパスタ。
  • ステッリーネ Stelline - 星形をしたパスタ。
  • ツィーテ Zite - マカロニより太い管状のパスタ。



  • パスタの料理法・ソース

    次に、パスタの料理法とソースの主な種類です。(出典:ウィキペディア

    オイルソース
  • アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ - ニンニク、オリーブオイル、赤唐辛子を使った最も基本的な料理法。


  • トマトソース
  • アラビアータ - 怒りん坊風。トマトソースに唐辛子を混ぜたもの。カッカと熱くなることから。
  • アマトリチャーナ - アマトリーチェ風。トマトソースに、玉葱、パンチェッタ。仕上げにペコリーノ・ロマーノ。
  • プッタネスカ - 娼婦風。トマトに、オリーブとアンチョビとケッパーのパスタ。
  • ペスカトーレ - 漁師風。魚介類のパスタ。トマト風味の事が多いが白ワイン風味もある。
  • マリナーラ - 船乗り風。トマト、ニンニク、オリーブオイル、オレガノが入ったマリナーラソースを使用したあっさり味
      のパスタ。しかしナポリではプッタネスカのことをマリナーラと呼ぶことがある。


  • ミートソース
  • ボロネーゼ - ボローニャ風。いわゆるミートソースのパスタ。


  • クリームソース
  • アルフレード - クリーム、バター、パルミジャーノ・レッジャーノから成るソース。
  • カルボナーラ - 炭焼き風。卵黄、コショウを用いたソースと、油を出すように炒めたグアンチャーレ又はパンチェッ
      タを使う。北イタリアでは生クリームは使われないことが多い。


  • バジルソース
  • ジェノヴェーゼ - ジェノヴァ風。普通は生のバジリコと松の実を主材料とするソース(ジェノヴァソース)を使ったパ
      スタ。ナポリでは肉、玉葱、ニンジン、セロリで作ったソースをからめたパスタのこと。
  • ペスト・トラパネーゼ - トラーパニ風。松の実の代わりにアーモンドが入り、トマトが入っている。


  • スープ系ソース
  • ヴォンゴレ - アサリの入ったもの。白ワインベースのヴォンゴレ・ビアンコが一般的だが、トマトソースをベースにし
      たヴォンゴレ・ロッソもある。ペスカトーレ、マリナータに近いが、貝以外の魚介類は入らない。
  • マリナータ - 白ワインベースの魚介類のパスタ。


  • その他
  • ケーゼ・シュペッツェレ - 小麦粉・卵・塩バ・ター・ナツメグを入れたパスタ生地をすりおろし器で細分化し茹で冷水
      に浸し、コンソメスープ・チーズを焼きかき混ぜ完成となるドイツ料理。
  • ボスカイオラ - きこり風。キノコなど山の幸のパスタ。
  • ネーロ - 「黒」という意味。新鮮なイカ墨入りのパスタ。
  • 和風ソース - 醤油等、日本の和食風の味付けをメインにしたソース。



  •  このページのTOPへ戻る

    Copyright (C) 2011 冷凍パスタ&簡単レシピdeおうちパスタ, All rights reserved.